• トップページ
  • 甘い水 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 『おきて―アフリカ・セレンゲティに見る地球のやくそく』

『おきて―アフリカ・セレンゲティに見る地球のやくそく』

甘い水(漫画)に登場する実在の写真集。

  • 『おきて―アフリカ・セレンゲティに見る地球のやくそく』
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
甘い水(漫画)
正式名称
『おきて―アフリカ・セレンゲティに見る地球のやくそく』

総合スレッド

『おきて―アフリカ・セレンゲティに見る地球のやくそく』(甘い水)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

動物写真家の岩合光昭の写真集で、同氏が1982年から1年半にわたって家族で過ごしたタンザニア・セレンゲティ国立公園で撮影した写真を収めている。主人公・戸田夏生はセレンゲティ国立公園のスタッフとして働くことを夢見ており、この写真集も欲しがっているが、金額のため購入はできずにいる。

夏生が通う高校の図書室にも収められており、転校生で後に夏生の恋人となる沢俣眞千子夏生との会話をきっかけにこの写真集に目を通している。

登場作品

北海道・道東の地方都市で育った高校1年生の戸田夏生は、進路調査で自身の夢である「海外での絶滅動物の保護活動」と書くものの、教師に説教をされてしまう。鬱屈とした気持ちを抱えたまま過ごす夏生は、ある日転校...