あやね

ながされて藍蘭島(漫画)の登場人物。すずとはライバル関係。

  • あやね
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ながされて藍蘭島(漫画)
正式名称
あやね

総合スレッド

あやね(ながされて藍蘭島)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

藍蘭島の住人で、すずのライバル。藍蘭島を守る海龍様を祀る海龍神社の巫女姉妹の次女で、まちの妹。青い巫女服を着用している。16歳で身長144cm。苗字はない。長髪を、白いリボンでツインテールにしている。自己中心的で高飛車だが、姉には頭が上がらない。何かというとぶつかったり地面にたたきつけられたりするが、細身のくせに頑丈で、ダメージは少ない。

紋次郎という名前のダチョウに乗って移動する。中盤で、大根の精霊「でんでんだいこん」と式神の契約をし、使役する。好きな食べ物は辛いもの(姉に取られないという理由で)。父は長政(失踪中)で、母はちづる。祖母がききょうで、曾祖母がやしろ。

みんな高位で霊力もあり、呪術や式神を使う巫女である。姉が神社の諸事や家事をほとんどしないため、押し付けられて掃除や料理が上手になってしまった。後に、東方院行人にかなり強い恋愛感情を抱くようになる。

登場人物・キャラクター

第一ヒロイン。藍蘭島に住む少女。13歳で身長151cm。苗字はない。髪は臀部に達するほど長く、猫耳に見えるようなリボンをつけてポニーテールにしており、年齢のわりに胸部や臀部が発達している。身体能力は島...
14歳で中学3年の少年。身長151cm。勘違いから父と大ゲンカをして家を飛び出し、船旅の途中で海に転落、嵐にあって5日漂流した後に、藍蘭島に辿り着く。妹である美咲以外の女性とあまり接触がなかったので、...

関連キーワード

激しい大渦潮に囲まれ、流れ着くことはあっても、海路では出ていけない孤島。130年前ヨーロッパ視察団の乗った汽船「アイランド号」が、帰途で大嵐で難破して辿り着いた。船の名をとって藍蘭島と名付けられた。電...

登場作品

父とケンカをして家出をした14歳の少年、東方院行人は、航行中の船から落ちて漂流した末、大渦潮によって世界と断絶している島「藍蘭島」に辿り着く。そこには140年前に漂着した船の乗員の子孫が暮らしていた。...