お猶

百日紅(漫画)の登場人物。読みは「おなお」。葛飾北斎、お栄とは親族関係にある。

  • お猶
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
百日紅(漫画)
正式名称
お猶
ふりがな
おなお

総合スレッド

お猶(百日紅)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

葛飾北斎の末の娘。お栄の妹。母親はこと。生来目が見えず、琵琶の修行のため尼寺にあずけられていた。脚気の病を得て、実家に戻ってきたが死去してしまう。死去の前、北斎は快癒を願って鍾馗の絵を描き、お栄に持たせて訪ねさせた。江戸時代後期に実在した葛飾北斎の四女お猶がモデルとなった。

登場人物・キャラクター

江戸に名が鳴り響く稀代の絵師でありながら、娘・お栄とともに散らかり邦題の裏長屋で暮らしている。55歳。いくら金を積まれても気に入らない仕事はしない偏屈親父。粋を好み洒脱な面もある。何かと皮肉を言うが、...
葛飾北斎の三女。年増の女絵師。23歳。父親から絵師としての才能を受け継いでいて、時には代筆も行う。地黒で器量があまりよくない。顎が出ていることから、父北斎からは「アゴ」と呼ばれる。性根の据わった質で、...

登場作品

稀代の絵師だが偏屈老人の葛飾北斎、行き遅れの娘・お英、居候の善次郎の3名は、絵の反古(ほご)が散らばる長屋で日々絵を描きながら暮らしていた。季節が移ろう中、彼らは江戸の町で様々なものに出会い、描き、そ...