かの子

かの子

ぼくんち(漫画)の登場人物。読みは「かのこ」。別称、ねえちゃん。一太とは親族関係にある。

登場作品
ぼくんち(漫画)
正式名称
かの子
ふりがな
かのこ
別称
ねえちゃん
関連商品
Amazon 楽天

概要

一太二太兄弟の父親違いの姉で、突然母親が連れてきた。風俗店で稼ぎ、一太二太を養ってくれる。野良猫や野良犬を見ると放っておけない性分で、風俗店で稼いだお金で母親の借金も返済している。どんなに苦労しても人を恨むことをせず、いつも笑顔を絶やさない。二太に「泣いているヒマがあったら笑ええ!!」と教えた。

屋台のコロッケ屋さんをやることが密かな夢。

関連人物・キャラクター

一太

二太の兄。かの子の弟。母親が行方不明だった3年間、弟の二太と二人で気丈に生きてきた。その後、姉・かの子の稼ぎで暮らすようになったが、一人前の男になろうと、こういちくんのもとで働くようになる。二太やかの... 関連ページ:一太

登場作品

ぼくんち

海沿いの貧乏な町を舞台に、一太と二太の兄弟と姉のかの子の日々をユーモラスに描いた叙情的底辺生活漫画。第43回文藝春秋漫画賞・受賞作品。 関連ページ:ぼくんち

SHARE
EC
Amazon
logo