ぎょくてい

少年西遊記(漫画)の登場人物。そんごくうとはライバル関係。

  • ぎょくてい
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
少年西遊記(漫画)
正式名称
ぎょくてい

総合スレッド

ぎょくてい(少年西遊記)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

天上界を統治する王。そんごくうににょいぼうを奪われた竜宮からの訴えにより、そんごくうを地獄送りにするが脱走されてしまい、次に豪傑を送り込むがこれを返り討ちにされ、逆に天上界に呼び寄せ役職を与えることで見張るという案を採用する。しかしこれも与えた役職が位の低いひつばおんという馬番であったため不満から逃げられ、軍を差し向けるがこれも返り討ちに。

最終的には名前だけ立派なせいてんたいせいの位を与えた。『西遊記』に登場する玉皇大帝をモデルにしたキャラクター。

登場人物・キャラクター

かか山の頂きにあった大きな石から生まれた猿。生まれつき賢く、超常的な身体能力を持っている。猿たちの王となった後、不死の法を求めて仙人しゅぼだいそしの元へ弟子入りし、そんごくうという名前をもらい、仙術を...

登場作品

かか山の頂きにある石から一匹の猿が生まれた。賢く、超常的な身体能力を持った彼は、あっという間に猿たちの王となった。やがて不死を求めて仙人しゅぼだいそしに弟子入り、そんごくうという名前をもらい仙術を身に...