さいとう・たかを

劇画漂流(漫画)の登場人物。

  • さいとう・たかを
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
劇画漂流(漫画)
正式名称
さいとう・たかを

総合スレッド

さいとう・たかを(劇画漂流)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

実家の理髪店を継ぎながら描いた作品『空気男爵』で日の丸文庫からデビュー。自己顕示欲が強くて態度が大きかったため久呂田まさみとは相性が悪かった。ヒロシ松本正彦の三人で共同生活て作品を描いた後、上京して劇画工房に参加。その画力と人気で劇画の代名詞的存在になっていく。

実在の漫画家、さいとう・たかをがモデル。

登場人物・キャラクター

ヒロシが子供向け漫画と区別するために劇画という用語を生み、その作画集団の名称としてつくった。メンバーはヒロシ、、山森ススム、石川フミヤス、佐藤まさあき、K・元美津、桜井昌一、松本正彦、さいとう・たかを...
無精ひげにベレー帽をいつもかぶっている。貸本漫画界のフィクサーとして劇画誕生に重要な役割を果たす。日の丸文庫の顧問として、持ち込みに来たヒロシの面倒をみてくれることになる。無類の酒好きで、後のヒロシた...
大阪で生まれ、二歳上の兄、興昌と共に手塚治虫に憧れて漫画を描いて投稿し、高校卒業後貸本漫画でプロになる。大人しい性格ながら自己を押し通す強さがあり、あらたな漫画の表現を求めて劇画というジャンルを生み出...

登場作品

1945年、終戦を向かえた大阪で、勝見ヒロシは兄勝見興昌と共に漫画家への道を歩みだす。しかしヒロシの飛びこんだ貸本漫画の世界は、ユーモアや躍動感が売りの子供向け漫画とは一線を画していた。児童漫画とは違...