しばた かついえ

太閤記(漫画)の登場人物。

  • しばた かついえ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
太閤記(漫画)
正式名称
しばた かついえ

総合スレッド

しばた かついえ(太閤記)の総合スレッド
2016.06.10 10:46

概要

織田家の重臣。さくまのぶもり(佐久間信盛)と二人で、おだのぶながが新参のきのしたとうきちろうを重用するのをよく思っていない。悪役顔をしている。のぶなががさいとうたつおき(斎藤龍興)と戦う際、国境のすのまたに城を建てる必要が生じ、かついえとのぶもりがとうきちろうに対抗してこの難しい工事を引き受けるが、さいとうたつおきの家来の襲撃を受けて失敗した。

とうきちろうはあとを引き受け、知略とはちすかころくと野武士団の援助でこれを完成してしまい、かついえとのぶもりの面目は大いに潰れた。柴田勝家をモデルにしたと思われるキャラクター。

登場作品

村のガキ大将だったひよしまる(日吉丸)は、悪さが過ぎて寺に預けられてしまう。が、その地方の権力者に恥をかかせたためにそこにもいられなくなり、放浪の旅に出る。武芸者の家に住みこみで弟子になったり、野武士...