しばた かついえ

しばた かついえ

太閤記(漫画)の登場人物。

登場作品
太閤記(漫画)
正式名称
しばた かついえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

織田家の重臣。さくまのぶもり(佐久間信盛)と二人で、おだのぶながが新参のきのしたとうきちろうを重用するのをよく思っていない。悪役顔をしている。のぶなががさいとうたつおき(斎藤龍興)と戦う際、国境のすのまたに城を建てる必要が生じ、かついえとのぶもりがとうきちろうに対抗してこの難しい工事を引き受けるが、さいとうたつおきの家来の襲撃を受けて失敗した。

とうきちろうはあとを引き受け、知略とはちすかころくと野武士団の援助でこれを完成してしまい、かついえとのぶもりの面目は大いに潰れた。柴田勝家をモデルにしたと思われるキャラクター。

登場作品

太閤記

豊臣秀吉の生涯を、ガキ大将だった「日吉丸時代」から朝倉義景との戦いのあたりまでを描いた。史実的正確さにはあまりこだわらず講談的に、主人公が知恵と機転と度胸でトントン拍子に出世する心地よさを第一として、... 関連ページ:太閤記

SHARE
EC
Amazon
logo