しろがね-O

からくりサーカス(漫画)に登場する用語。読みは「しろがね-おー」。

  • しろがね-O
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
しろがね-O
ふりがな
しろがね-おー

総合スレッド

しろがね-O(からくりサーカス)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

しろがねの副司令・フェイスレス(=白金)によって生み出された、しろがねを人体改造で強化した存在。改造の結果、瞳が失われて眼球はただの銀色の球になっている。通常のしろがねと異なり、体に直接武器を搭載しているため自動人形と戦う際に操り人形を必要としない。完全に年を取らなくなっている点も通常のしろがねとの相違点。

また、感情の起伏が極限まで抑えられ、非人道的な言動をすることも厭わない。物語が進むと、さらに技術が進み、しろがねになった本体をセンターで保存し、人格を完全に機械化されたボディに転送することで、たとえボディを破壊されても復活可能なしろがね-Oが登場した。

登場作品

才賀勝はたった二人で生きてきた母親を病気で失うと、初めて父親が世界的大企業・サイガの社長だったことを知る。才賀家に引き取られたものの、愛人の子ということで学校でも家庭でも壮絶ないじめを受ける勝だったが...