たけなか はんべえ

たけなか はんべえ

太閤記(漫画)の登場人物。

登場作品
太閤記(漫画)
正式名称
たけなか はんべえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

さいとうたつおき(斎藤龍興)につかえていた軍師だったが、職を辞して山にこもっていた。オールバックの長髪で、やたらと長い鼻の下にボサボサのヒゲを生やしている。きのしたとうきちろうは彼を織田家の軍師にしようと山中に入るが、あさいながまさ(浅井長政)の家来のほしいもすきのすけも同じ任務ではんべえのもとに向かっていた。

二人は壮絶なだまし合いと競争を行い、結局とうきちろうが勝ってはんべえを織田家の軍師に迎える。竹中半兵衛をモデルにしたと思われるキャラクター。

登場作品

太閤記

村のガキ大将だったひよしまる(日吉丸)は、悪さが過ぎて寺に預けられてしまう。が、その地方の権力者に恥をかかせたためにそこにもいられなくなり、放浪の旅に出る。武芸者の家に住みこみで弟子になったり、野武士... 関連ページ:太閤記

SHARE
EC
Amazon
logo