ちくわあなの守

猿飛佐助(漫画)の登場人物。読みは「ちくわあなのかみ」。

  • ちくわあなの守
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
猿飛佐助(漫画)
正式名称
ちくわあなの守
ふりがな
ちくわあなのかみ

総合スレッド

ちくわあなの守(猿飛佐助)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

『猿飛佐助』に登場する大名の一人。かつて太閤に重用されたにも関わらず豊臣方を裏切り、とくがわいえやすに盟約の手紙を送ろうとしている。その裏切りを嗅ぎつけたさるとびさすけが城内に忍び込んでいることを察し、配下の忍術使いにさすけを捕えれば禄高を五倍にしても良いと告げる。

登場人物・キャラクター

さなだゆきむらに仕える忍術使いの青年。さなだ十勇士の一人。少年の頃、信州(長野県)の山奥でとざわはくうんさいから三年間の指導を受け、甲賀流忍術の跡継ぎとなった。日本一の忍術名人として、忍や侍の間だけで...

登場作品

忍術使いを志し、信州(長野県)の山奥でとざわはくうんさいの元で指導を受け、甲賀流忍術の後継者となったさるとびさすけは、とよとみがたの武将さなだゆきむらに見出され、さなだ十勇士のひとりとなった。やがて日...