つとむ

つとむ

ぷりぷり県(漫画)の主人公。別称、努。

登場作品
ぷりぷり県(漫画)
正式名称
つとむ
ふりがな
つとむ
別称
関連商品
Amazon 楽天

概要

ぷりぷり県から東京の五郎商事に入社した青年。ぷりぷり県民の郷土愛の証である「県ずきん」を常にかぶっている。入社直後は東京への敵対心を露にしつつも自分の出身を恥じて隠していたが、やがてぷりぷり県出身を誇るようになる。他県出身者との郷土自慢でムキになることが多い。家族構成は、祖父・勘三、父・幼次郎、母・マリ、長男・力男、次男・つとむ、三男・劣也、長女・功子、次女・加代の8人家族。

関連キーワード

ぷりぷり県

本作『ぷりぷり県』に登場する県で、つとむの出身地。どの地方にあるかは不明だが、東京から数百キロは離れており、四方を海に囲まれ、県南部には砂漠が存在する。県庁や大学の石像、山までもが地下に存在するという... 関連ページ:ぷりぷり県

五郎商事

商社であるが、具体的な業務は不明。日本各地に営業所を持つ。現社長である五郎社長は現会長の婿養子で、会長は社長時代のワンマンぶりをイサム本部長に諌められた過去を持っている。「新入社員は出身県を言わないと... 関連ページ:五郎商事

登場作品

ぷりぷり県

つとむはぷりぷり県から上京して五郎商事に入社した若者。入社当時は出身県を秘密にしたがっていたが、次第に郷土愛が表に出て、他の都道府県へのライバル心を見せ始める。だが他県出身者たちも、それぞれ強い郷土愛... 関連ページ:ぷりぷり県

SHARE
EC
Amazon
logo