とがし やすたか

西原理恵子の人生画力対決(漫画)の登場人物。西原理恵子とはライバル関係。

  • とがし やすたか
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
西原理恵子の人生画力対決(漫画)
正式名称
とがし やすたか

総合スレッド

とがし やすたか(西原理恵子の人生画力対決)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

主人公西原理恵子の対戦相手。『幽々白書』で有名な富樫義博と名前が似ているため、勘違いした親戚や遠縁からサインをねだられるという悲しい人生を送ってきた。本人はエロと笑いが売りの漫画家。西原とは、エロ本上がりで同じ週刊誌でデビューしたという共通点があり、20年以上の付き合いがある。

低い画力でありながら東京芸術大学を目指し5浪したあと、最終的に小池一夫劇画村塾に入った迷える漫画家。

登場人物・キャラクター

画力がない漫画家。武蔵野美術大学卒業。エロ本のカットを書きながらその日暮らしの生活を送っていたある日、小学館の編集者、八巻和弘にスカウトされ漫画家デビュー。有名漫画家をゲストに向かえ、ライブ会場で画力...

登場作品

美術大学を卒業していながら、画力のなさが有名な漫画家、西原理恵子。そんな西原が自らの漫画人生をかけ、日本の全漫画家たちに画力対決と銘打った喧嘩を売ることに。自らを突っ込み漫画家と名乗り、日本を代表する...