へび女の母

へび少女(漫画)の登場人物。読みは「へびおんなのはは」。へび女とは親族関係にある。

  • へび女の母
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
へび少女(漫画)
正式名称
へび女の母
ふりがな
へびおんなのはは

総合スレッド

へび女の母(へび少女)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

『へび少女』に登場する、へび女の母親。へび女の屋敷のはなれに住む。ほとんど蛇になっており、中村洋子がはなれに逃げ込んだときは、地下の洞穴で冬眠中だった。

登場人物・キャラクター

うわばみの昼の姿。中村洋子の養母。左目に眼帯をしている。しのばずの沼近くの屋敷に住む財産家で、身寄りのない洋子を養女として引き取る。洋子という名の中村洋子にそっくりの女の子がいたが、病気で死んでしまっ...

関連キーワード

『へび少女』の舞台となる村。しのばずの沼があり、その主といわれるうわばみがへび女となった。村はずれであるしのばずの沼の近くに、へび女の屋敷がある。

登場作品

明治40年の山中村、中村洋子の祖父中村利平はしのばずの沼の主であるうわばみの左目を撃ち抜き、祟り殺されてしまう。月日がたち、身内を亡くした洋子は財産家の女性の養女となり、村のはずれの屋敷に住む。だが、...