まつ

まつ

花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)の登場人物。前田利家とは親族関係にある。

概要

日本の戦国時代の女性・芳春院をモデルとしている。加賀の大名・前田利家の正室で、高い身分でありながらも街へふらりと出かけるような純粋で気さくな性格。家中の誰からも慕われている。前田利家の死後、その子前田利久が徳川家康から裏切りの嫌疑が掛けられたときには、自ら人質として江戸に出向くなど、肝の太さも持つ。

前田慶次からも慕われており、勝手気ままに振る舞う慶次まつにだけは頭が上がらず、その笑顔を曇らせぬために無茶をしようとする。

関連人物・キャラクター

前田利家

日本の戦国時代の武将・前田利家をモデルとしている。かつては織田家きっての猛将として知られていたが、老齢となり家を守るために図体だけ大きな小心者に成り下がった。前田慶次の人気に嫉妬し、いずれ自分の地位を... 関連ページ:前田利家

登場作品

花の慶次 ―雲のかなたに―

時は戦国時代末期、加賀前田家の武将・前田慶次は、お家の鼻つまみ者として、当主の前田利家に疎まれながらも、稀代の傾奇者として好き勝手に、そして雅に振る舞い、人々の信任を得ていた。もはやその大器に加賀は狭... 関連ページ:花の慶次 ―雲のかなたに―

SHARE
EC
Amazon
logo