まほろば

まほろば

超時空戦艦まほろば(漫画)に登場する戦艦。

登場作品
超時空戦艦まほろば(漫画)
正式名称
まほろば
関連商品
Amazon 楽天

概要

第二次世界大戦中に大日本帝国海軍によって秘密裏に建造された超大型戦艦。大和、武蔵、信濃に続く大和型第四号艦として計画されたが、正確にはまほろば型一番艦である。大和型の次代が紀伊型と伝えられているのは、まほろば型の存在を隠蔽する海軍によるカムフラージュ作戦であった。

当時の仕様は、満載排水量10万800トン、51センチ主砲15門、出力26万馬力、速力33ノットと伝えられている。現在活動しているのは、戦時中のまほろばの大改装改良発展型であり、潜水能力と飛行能力を兼ね備えた万能艦である。未知の動力で航行し、海上では200ノット、潜水時には100ノットの速度を叩き出し、その艦体はレーダーに感知されないステルス機能を有している。

武装も電磁砲、曲線レーザー砲、真空魚雷など現代科学を超越した技術が数多く使用されている。ゆくゆくは、過去と未来の間に広がる無限大の時空海を航海する戦艦、超時空戦艦としての運用も考慮されているらしい。

艦体中央部には町を思わせる広大な居住区が設けられ、乗員6000名の長期生活に耐えられるようになっている。ちなみに艦名の「まほろば」は、『古事記』の一節「やまとはくにのまほろば」からとられている。

登場作品

超時空戦艦まほろば

カメラマン見習いの大山歳郞は、偶然遭遇したアパート火災で一人の老人を救出する。その際に部屋の壁に貼られていた戦艦の写真を撮影するが、それは、大日本帝国海軍の幻の戦艦まほろばの写真であった。これを機に歳... 関連ページ:超時空戦艦まほろば

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
超時空戦艦まほろば
logo