みよしせいかいにゅうどう

猿飛佐助(漫画)の登場人物。いずにゅうどうとは親族関係にある。

  • みよしせいかいにゅうどう
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
猿飛佐助(漫画)
正式名称
みよしせいかいにゅうどう

総合スレッド

みよしせいかいにゅうどう(猿飛佐助)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

さなだゆきむらに仕えるさなだ十勇士の一人。いずにゅうどうの兄。禿頭でヒゲの生えた大男。大きな鉄棒を自在に操り、素手の格闘でも強さを誇る。自他共に認める豪傑である。いずにゅうどうと共にさなだゆきむらに願い出て、駿府城に忍び込んださるとびさすけの様子を探りに行く。

立川文庫の『猿飛佐助』等に登場するキャラクター三好清海入道がモデルとなっている。

登場人物・キャラクター

上田の城主である武将。とざわはくうんさいの元へ忍術修業に赴いていたため空き家となっていたさるとびさすけの家を狩りの陣屋としていたことをきっかけに、さすけと出会い、忍術使いと知って彼を召抱える。亡き太閤...
さなだゆきむらに仕えるさなだ十勇士の一人。みよしせいかいにゅうどうの弟。両端に鉄球のついた棒を自在に操る。みよしせいかいにゅうどうと共にさなだゆきむらに願い出て、駿府城に忍び込んださるとびさすけの様子...

登場作品

忍術使いを志し、信州(長野県)の山奥でとざわはくうんさいの元で指導を受け、甲賀流忍術の後継者となったさるとびさすけは、とよとみがたの武将さなだゆきむらに見出され、さなだ十勇士のひとりとなった。やがて日...