ももの父

ももの父

神の左手悪魔の右手(漫画)の登場人物。久保田ももとは親族関係にある。

登場作品
神の左手悪魔の右手(漫画)
正式名称
ももの父
関連商品
Amazon 楽天

概要

『神の左手悪魔の右手』の「黒い絵本」に登場する男。足が悪くて寝たきりの少女ももの父親。コンビニエンスストアで働き、合間に絵本を自作してももに見せる。絵本はグロテスクな絵とストーリーで、ももの父は実際に殺人を行い、それを絵本に反映している。絵本を楽しみにしているももを可愛がっていたが、殺人に気づいたももにそのことを指摘されると、態度が一変し、今までの絵本に描いていることは全部もものことだと怒鳴る。

ももの父は、新しい絵本だとして、何も描いてないノートをめくりながら、オオカミの正体を知ったウサギが食べられる話をし、大鍋で湯を煮立てながら包丁でももを殺そうとする。

関連人物・キャラクター

久保田もも

『神の左手悪魔の右手』の黒い絵本に登場する少女。足が悪く、ベッドで寝たきりの生活を送っており、父親が描く絵本を楽しみにしている。父親はグロテスクな話に合わせ、実際に人を殺した体験を絵本にしていた。父親... 関連ページ:久保田もも

登場作品

SHARE
EC
Amazon
logo