ようりきだいせん、こりきだいせん、ろくりきだいせん

少年西遊記(漫画)の登場人物。三ぞうとはライバル関係。

  • ようりきだいせん、こりきだいせん、ろくりきだいせん
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
少年西遊記(漫画)
正式名称
ようりきだいせん、こりきだいせん、ろくりきだいせん

総合スレッド

ようりきだいせん、こりきだいせん、ろくりきだいせん(少年西遊記)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

激しい旱魃に襲われたしゃちこくという国で、雨乞いを成功させて大臣になり、圧政を布くようになった三人の行者。その招待はそれぞれ、ようりきだいせんは羊の化物、こりきだいせんは虎の化物、ろくりきだいせんは鹿の化物。彼らの悪巧みを止めようとした三ぞうほうし一行に、術比べを挑む。

『西遊記』に登場する羊力大仙、虎力大仙、鹿力大仙をモデルにしたキャラクター。

登場人物・キャラクター

東の国の高僧。かんのんぼさつに見出され、天竺へとお経の本をいただきに行く取経の旅に出る。途中そんごくう、八かい、さごじょうを供とした。三ぞうのような高僧の肉を食べると不老長生の元になると魔物たちの間で...

登場作品

かか山の頂きにある石から一匹の猿が生まれた。賢く、超常的な身体能力を持った彼は、あっという間に猿たちの王となった。やがて不死を求めて仙人しゅぼだいそしに弟子入り、そんごくうという名前をもらい仙術を身に...