アウグスティヌス

アウグスティヌス

サクラテツ対話篇(漫画)の登場人物。

登場作品
サクラテツ対話篇(漫画)
正式名称
アウグスティヌス
ふりがな
あうぐすてぃぬす
関連商品
Amazon 楽天

概要

『サクラテツ対話篇』に登場するキャラクター。神の国の怪獣。桜テツの家の上空に突如現れた。空間に巨大な眼だけが浮かんでいるように見えるが、さらに巨大な実体を持つ。アリスの宮殿である世界樹が好物で、それ自体もさることながら食後にするゲップが水爆の数億倍の威力を持つことからアリスに恐れられている。名前のモデルは古代キリスト教の神学者・アウグスティヌス。

登場作品

サクラテツ対話篇

男子高校生・桜テツと、彼の周辺の奇想天外なキャラクターたちが起こす騒動を描いたコメディ。漫画という表現自体を扱うメタ漫画的な要素も持つ。登場人物名のほとんどが哲学者をモデルとしている。 関連ページ:サクラテツ対話篇

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
桜 テツ
アリス
logo