アガサ 森田

アガサ 森田

BLACK BRAIN(漫画)の登場人物。読みは「あがさ もりた」。

登場作品
BLACK BRAIN(漫画)
正式名称
アガサ 森田
ふりがな
あがさ もりた
関連商品
Amazon 楽天

概要

41世紀の日本に住む女性のニンゲン。㈱日本時空制御の社員で一級過去時空管理技師、20~23世紀顧問である。二千年を経てヒトが進化してヒテロとなった未来時空の住人。ヒトがヒテロとして正しく進化するために、邪進化へ繋がる間違った進化を排除することが目的。20世紀時空でのパートナーとして宮前カオルを選び、受波脳を移植した。

20世紀の限られた時間軸と場所で邪進化の芽を潰そうとする。そのため宮前カオルの周囲の確率偏傾度がゆらぎを起こし、邪進化を辿る人類との遭遇確率を意図的に上げている。発波機を使って受波脳と交信が可能で、宮前カオルに様々な指示を送る。当初は使い捨てのつもりでいた宮前カオルに情が移り、社則を犯して幾度となく宮前カオルの危機を救っている。

登場作品

BLACK BRAIN

AD3777年自由意思を持った最後のヒトが死んで以来、自由意思を持たぬヒト達はヒテロの万能資源として生き続けることが可能となっていた。ヒト達の骨、肉、臓器はあらゆる場面で活用され、AD3902年ついに... 関連ページ:BLACK BRAIN

SHARE
EC
Amazon
logo