アガデ

青のメソポタミア(漫画)の登場人物。カイン・アベル・サルゴンとは親族関係にある。

  • アガデ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
青のメソポタミア(漫画)
正式名称
アガデ

総合スレッド

アガデ(青のメソポタミア)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

カイン・アベル・サルゴンエリの息子。カイン・アベル・サルゴンが惑星の調査から帰還した時には、まだ乳飲み子だった。長じて父カイン・アベル・サルゴンの補佐官だったエシュマ・ナハリオの弟キリシャから、自分の出自を聞き、子孫に語り継ぐよう教えられる。

登場人物・キャラクター

惑星エンリルの上級将校で中佐の位を持つ。勤務にあたっては時に冷酷とさえ思える顔を覗かせるが、家族に対しては一転優しい表情を見せる。惑星青の調査団の総指揮を命じられ、アダム・サクセス・エ・シュメールらと...

関連キーワード

『青のメソポタミア』の舞台となる惑星。人口は約18億人で、高度な科学技術を持つ。他の文明を持つ惑星と交流があるが、アモリ人とは長期に渡って抗争が続いている。アッカド王朝が支配し、アダム・サクセス・エ・...

登場作品

陰謀によりエンリルの地位を継承できなかったシュメール家の王子アダム・サクセス・エ・シュメールは、新王ジウドとの軋轢を避け、青と呼ばれる惑星への調査団へ参加する。調査団のリーダーは、王族を毛嫌いするカイ...