アザゼル篤史

よんでますよ、アザゼルさん。(漫画)の主人公。読みは「あざぜるあつし」。別称、あっちゃん。

  • アザゼル篤史
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
よんでますよ、アザゼルさん。(漫画)
正式名称
アザゼル篤史
ふりがな
あざぜるあつし
別称
あっちゃん

総合スレッド

アザゼル篤史(よんでますよ、アザゼルさん。)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

『よんでますよ、アザゼルさん。』の主人公のひとりで下級悪魔。特技はセクハラ。お笑いにはこだわりがあり、関西弁で話す。見た目はイヌ面でメタボ体型。武器として、三叉の槍「性槍セクスカリバー」を持つ。いい加減な性格をしている上に要領が悪く、学習能力が低いため、たびたび失敗を重ねて芥辺りん子からヒドい制裁やグリモアの罰を受けている。

召喚される際に捧げられるイケニエに豚足やシャアザク、スーパーでもらえる脂身が出されるほどぞんざいな扱いを受けているが、それはそれで満足しているような一面あるも。第1話で契約者が芥辺からりん子へ譲渡された。「淫奔」という、性的な本能やフェロモンを操る職能を持つ。あっちゃんの愛称で呼ばれることもある。

登場人物・キャラクター

『よんでますよ、アザゼルさん。』の主人公のひとり。芥辺探偵事務所の事務バイトだったが芥辺に素質を見込まれ、悪魔探偵の助手となる。基本的には常識人であり、正義感も強い。カレー作りが得意でベルゼブブに認め...

登場作品

芥辺探偵事務所で働く女子大生・佐隈りん子は、とある依頼をきっかけに雇い主・芥辺が悪魔探偵という裏の顔を持つことを知る。その芥辺に悪魔探偵としての素質を見出されたりん子は、グリモアという魔導書で召喚され...