アザンクールの戦い

アザンクールの戦い

傭兵ピエール(漫画)の舞台、百年戦争中1415年に発生した戦闘で、初陣だった10歳のピエールが父と生き別れたとされる。読みは「あざんくーるのたたかい」。

登場作品
傭兵ピエール(漫画)
正式名称
アザンクールの戦い
ふりがな
あざんくーるのたたかい
関連商品
Amazon 楽天

概要

ノルマンディに上陸したイギリス軍を、政治的混乱によりアルマニャック地方の陣営のみで迎え撃ったフランスは、数の上では優勢だったが、地の利を活かしたイギリス軍の長弓攻撃に騎馬攻撃を封じられ、総兵力の半数近くを失い、後世「フランスの騎士道に止めをさした」とまでいわれる程の惨敗を喫した戦闘である。

登場作品

傭兵ピエール

1428年、フランス。後に百年戦争と言われる戦乱の中、凄腕で知られる傭兵部隊「アンジューの一角獣」の隊長ピエールは、襲おうとした少女ジャネットに神々しさを感じ、再会を約して解き放った。その少女こそ絶大... 関連ページ:傭兵ピエール

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo