アスナス

ピグマリオ(漫画)の登場人物。リシェンヌ、エルゾとは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ピグマリオ(漫画)
正式名称
アスナス

総合スレッド

アスナス(ピグマリオ)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

旅を続けるクルトの前に現れた妖魔。角を持つ獣の頭蓋骨の兜を愛用する黒髪の美青年。実は悪神エルゾの息子。エルゾに従わず、後継者の地位を蹴って自由に振る舞っている。ルーンの城にあったガラティアの石像が気に入って、バッコスに複製を作らせた。密かに強力な妖魔であるメデューサの使徒たちの体内に埋め込まれたエルゾの鏡の欠片を集め、エルゾ打倒を企てていた。

それが発覚して妖力を奪われ、人間として暮らして、その生き方に圧倒される。マリウスに頼まれたメデューサが妖力を戻しに現れたとき、人間のままでよいと断った。だが、メデューサに妖力を戻され、アスナス城へ帰還。

人間のときに体を壊してまで世話をしてくれた娘リシェンヌを城に置く。クルトメデューサの決戦では、メデューサの力が集まるゴーゴンの指輪の破壊に協力し、エルゾの手にかかる。

登場人物・キャラクター

人間になって行き倒れたアスナスを助けた女性。病床のアスナスのために鉱山で働き、鉱毒に冒されてしまう。病が癒えて今度は自分を看病するようになったアスナスに、ベッドで苦しみながらも笑顔を見せていた。妖力を...
メデューサの乳母。クルトが死の山の王ゼオに頼まれて右の牙を届ける相手だった。正体は大きな蜘蛛。自分の子蜘蛛のために人間を襲い、その罪から自分の子蜘蛛を人間の子供と見誤って殺す罰を受けた後、転生して乳母...
アスナスが攫ってきた、当代随一の彫刻師。頭髪が薄い小太りの男。アスナスからガラティアの石像を掘るように命じられて、世界中の美女のエッセンスを持つ石像を次々と彫りあげたがアスナスには気に入られず全て破壊...
悪神エルゾの娘。青黒く光るうろこに全身を包まれ、赤く燃える瞳と避けた口で、山を一巻にする巨大な蛇の体と髪をした妖魔だが、長い黒髪の人間の姿になることもある。ピグマリオの誕生を待っていた母なる人が、悪神...
妖魔界の王でメデューサの父。全身は黒く蝙蝠のような翼があり、髪の生え際は後退気味。黄泉の闇に沈んでいて、闇の世界の支配は後継者のメデューサに委ねていた。世界の均衡を守るためアガナードと交渉をしていたが...

登場作品

まだ神々が人々の目に見えて導いていた時代。ルーン国の王子クルトは、母親の顔を知らず育ったが、それはかつてこの国をメデューサが襲いクルトの母が石に変えられてしまったためであった。この真実を知ったクルトは...