アスラン・バトゥール

風と木の詩(漫画)の登場人物。セルジュ・バトゥールとは親族関係にある。

  • アスラン・バトゥール
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
風と木の詩(漫画)
正式名称
アスラン・バトゥール

総合スレッド

アスラン・バトゥール(風と木の詩)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

セルジュ・バトゥールの父で、バトゥール子爵家の跡取り。ラコンブラード学院在学中に結核を患い、1年間休学していた。ピアノの才能を持ち、ピアニスト志望であったが、父ジョセフ・ルイ・バトゥールの強い反対を受けていた。。パイヴァに一目惚れし、彼女をジョルジュ・ルイ・ガルジェレから奪い、駆け落ちする。

駆け落ち先の山村で結核が再発し、死亡。

登場人物・キャラクター

高級娼婦(ココット)を生業としており、ジョルジュ・ルイ・ガルジェレの愛人として囲われていたが、アスラン・バトゥールと深く愛し合い、駆け落ちする。アスラン・バトゥールが亡くなったあと、セルジュ・バトゥー...
『風と木の詩』の主人公のひとり。黒い瞳、とび色の肌をした混血の少年。14歳。生真面目な性格で、ピアニストとして高い才能を持つ。子爵家の跡取りであった父アスラン・バトゥールとジプシーの高級娼婦パイヴァの...

登場作品

世界観物語の舞台は、一九世紀後半のフランス。全二部で構成されており、第一部は南フランスのプロバンス地方のアルルにある、ラコンブラード学院を中心に進行する。貴族と高級娼婦の間に生まれたセルジュ・バトゥー...