アズマリア=ヘンドリック

アズマリア=ヘンドリック

クロノクルセイド(漫画)の作品登場人物。

登場作品
クロノクルセイド(漫画)
正式名称
アズマリア=ヘンドリック
関連商品
Amazon 楽天

概要

ポルトガルド出身のソプラノ歌手の少女で、年齢は12歳。不思議な力を持ち、その力を悪魔崇拝者であるリカルドに目をつけられ捕らえられていた。実は代行者の一人で、歌によって霊素(アストラル)を集め、あやつる力を持つが、力の代償として周囲の人との死別という不幸な生い立ちを背負わされていた。当初はそのせいで幸薄い表情をしていたが、ロゼット=クリストファとの出会いで少しずつたくましく、前向きな性格へと変わっていった。悪魔崇拝者のもとから救い出されて以降は、保護されたマグダラ修道会に所属し、悪魔祓い見習いとなった。ロゼットと行動を共にし始めてからは、何もない場所で転んだりドジっ子な一面が見えて来て、仲間達を戸惑わせている。当初はアズマリア=ヘンドリック自身、その力を制御できなかったが、マインドイーターとの戦いでロゼットの呼びかけに応え、自身の力を受け入れる事で力を制御する事が可能になった。代行者としての力は応用する事で、下級魔程度なら一瞬で消滅させるほどの力がある。リゼールとの戦いで力を使った事でアイオーンにその正体を見抜かれ、サンフランシスコの戦いでさらわれてしまう。

関連人物・キャラクター

代行者

強い神霊力を持った存在で、マグダラ修道会では預言に記された神の地上代行者「御使い」ではないかと考えられている。アズマリア=ヘンドリックとヨシュア=クリストファが代行者とされ、それぞれ特異な能力を持つが... 関連ページ:代行者

ロゼット=クリストファ

マグダラ修道会に所属する金髪のお転婆シスター。相棒のクロノ共に行動し、16歳ながら悪魔や悪霊と渡り合う戦闘技術を持つが、性格は勝気で生粋のトラブルメーカーとなっている。彼女が戦闘を行う度、悪魔以上の被... 関連ページ:ロゼット=クリストファ

登場作品

クロノクルセイド

近代アメリカを舞台としたマグダラ修道会と悪霊や悪魔たちとの戦いを描いた森山大輔の漫画デビュー作。序盤のスチームパンク風世界観から、地球存亡にかかわるサイバーパンクな悪魔同士の戦いへと発展していく。 関連ページ:クロノクルセイド

SHARE
EC
Amazon
logo