アセチレン・ランプ

アセチレン・ランプ

アドルフに告ぐ(漫画)の登場人物。

登場作品
アドルフに告ぐ(漫画)
正式名称
アセチレン・ランプ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ゲシュタポ情報部極東主任。峠草平が弟の峠勲から何か秘密をつかんだかを探りだそうと拷問する。娘を自殺に追い込んだ峠草平秘密文書を追って来日。峠草平を尾行し、秘密文書を手に入れるため、無人島で仁川警部を殺害するが、秘密文書は風に飛ばされ手に入らなかった。

ドイツに戻った後、自分が果たせなかった仕事を日本出身のアドルフ・カウフマンに命じ、日本へと向かわせた。

関連人物・キャラクター

峠 草平

『アドルフに告ぐ』の主人公の一人。協合通信記者。1936年(昭和11年)、ベルリンオリンピックに派遣される。Q大陸上部で学生選抜陸上大会出場経験を持つスポーツマン。オリンピック取材中に弟の峠勲を暗殺さ... 関連ページ:峠 草平

アドルフ・カウフマン

『アドルフに告ぐ』の主人公のひとり。ドイツ総領事館につとめるドイツ人、ヴォルフガング・カウフマンと日本人の妻、由季江の間に生まれる。パン屋でユダヤ人のアドルフ・カミルを親友として育つ。自分の意思に反し... 関連ページ:アドルフ・カウフマン

仁川警部

親身に話を聞きじっくりと自白を引き出す尋問から「ほとけの仁川」と呼ばれる。放火と赤羽警部への暴行容疑で逮捕された峠草平の無実を証明する。峠草平とともに、秘密文書を持って失踪した赤羽警部を追うが、峠草平を追ってきたアセチレン・ランプの銃弾に倒れる。

登場作品

アドルフに告ぐ

アドルフ・ヒットラーにユダヤ人の血が流れているという設定で、彼にまつわる秘密文書が引き起こす人々の愛憎劇を描いた。戦前、戦中の神戸とドイツを舞台に、正義の名の下に繰り返される戦いのむなしさを「アドルフ... 関連ページ:アドルフに告ぐ

SHARE
EC
Amazon
logo