アゼク・シストラ

風の大陸 NEO英雄伝説(アニメ映画)に登場する街。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
風の大陸 NEO英雄伝説(アニメ映画)
正式名称
アゼク・シストラ
ふりがな
あぜくしすとら

総合スレッド

アゼク・シストラ(風の大陸 NEO英雄伝説)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

死者が死後も幸せに暮らせるように建設された、死者のための都市。街中にミイラ化された死者が生前のままの姿で仮面を被って安置されている。地下のセイタの神殿には運び込まれた財宝があるといわれており、バルニ・リファスのような貧しい村の住民からガテン・ラクムのような盗賊まで色々な人々を惹きつけている。

登場人物・キャラクター

砂漠の中でティーエ達三人が出会った少女。貧しい村を救うために、村人達と共に死者の都市アゼク・シストラの秘宝を探しに来たが、ガデン・ラクム率いる盗賊団に襲われ、重傷を負う。その後、ティーエ達三人を盗賊の...
死者の都市アゼク・シストラの秘宝を狙う盗賊団のリーダー。ティーエが止めるのも聞かずに、地下のセイタの神殿の棺の封印を解き、発動した呪いのために出現した死者の仮面に生気を吸われて死ぬ。

関連キーワード

『風の大陸』に登場する神殿。死者の都市アゼク・シストラの地下にある、運命の神セイタの神殿。封印をした棺が安置されており、盗賊のガテン・ラクムがその封印を破ったために、アゼク・シストラの呪いが発動する。

登場作品

その栄華が終わり、乱世の時代を迎えた、古代アトランティス大陸。薬師(医師の古称)のティーエ、その用心棒である少女ラクシ・アーダ、傭兵のボイス・マグヌスの三人は旅をしていた。 砂漠の中で飲み水の尽きた三...