アトナリー・ボロネフ

春風のスネグラチカ(漫画)の登場人物。ビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤとはライバル関係。

  • アトナリー・ボロネフ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
春風のスネグラチカ(漫画)
正式名称
アトナリー・ボロネフ

総合スレッド

アトナリー・ボロネフ(春風のスネグラチカ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

政治保安部副長官。ヴィクトル・スチェパノヴィチ・ミハルコフの上司。亡命者の援助をした疑いでビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤシシェノール・ミスギーロフを捕える。常に無表情で厳しく見えるが、ミハルコフに2人の処遇を一任するあたり、やや甘い一面も持つ。

登場人物・キャラクター

政治保安部局員。亡命者の援助をしたとして秘密警察に捕えられたビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤとシシェノール・ミスギーロフの処分を委ねられ、牢獄に送る代わりに使用人として引き取る事を申し出た。2人の...
車椅子の謎の少女。両脚の膝から下は義足。帝政ロシア最大の貴族フェリックス・フェリクソヴィチ・ユスポフ公を義父に持つ。実際は、母イリーナ・アレクサンドロヴナが、グレゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチンと...

登場作品

1933年、ソビエト連邦カレリア自治共和国。とある別荘の管理人であるイリーナ・アレクサンドロヴナは、ある日湖畔で不思議な男女に声をかけられる。車椅子の少女ビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤと、従者の...