アバレイッカク

アバレイッカク

マギ シンドバッドの冒険(漫画)の登場人物。

登場作品
マギ シンドバッドの冒険(漫画)
正式名称
アバレイッカク
ふりがな
あばれいっかく
関連商品
Amazon 楽天

概要

シンドバッドが出会う南海生物。本来南半球の一部にしか生息しないが、年に数度北上し、産卵のためイムチャック近辺の小島を訪れる。全身が硬い珊瑚に覆われており、大きな角があるのが特徴。肉は極上のタンパク源で、塩漬け、干し肉、腸詰めなど長期保存に優れている。骨と牙は船の建材に使用でき、皮やヒゲは衣服・縄・毛布に加工できる。脂肪からはゆうに樽10個分ほどの油が取れ、食用としても燃料としても使用できる万能の油として知られている。

登場作品

マギ シンドバッドの冒険

世界観戦争や圧政のない、真に民が幸せに暮らせる世界の創造がテーマ。大高忍が作者の『マギ』とまったく同じ世界が描かれており、シンドバッドをはじめとした『マギ』本編に登場するキャラクターたちの過去の姿や、... 関連ページ:マギ シンドバッドの冒険

SHARE
EC
Amazon
logo