アヒンサー

アヒンサー

ブッダ(漫画)の登場人物。

登場作品
ブッダ(漫画)
正式名称
アヒンサー
関連商品
Amazon 楽天

概要

盗賊。アナンダを仲間にして大仕事をしようとする。もとクシャトリアで、罪もない人々を殺し小指を100本集めるという催眠術をバラモンにかけられ、99本の小指をあつめて人々からアングリマーラ(指の首飾り)と恐れられる。100本目として襲った女が自分の母だと気づき催眠術がとける。以来、僧侶を憎み、バラモンだけを狙う盗賊となる。

この世で一番偉い坊主を殺すことを目的とし、ブッダを捕らえ殺そうとするが、ブッダに、人殺しとしてのアヒンサー は一度死んであらたな人間として生きろと言われ、圧倒されたアヒンサー は逃げ出す。後、再びブッダを殺そうとして、ブッダの弟子となったアナンダと格闘して深い穴に落ち、閉じ込められたまま穴の外のブッダと会話をして最後は安らかに死を迎える。

関連人物・キャラクター

アナンダ

ダイバダッタと同じ母から生まれた子ども。生まれて八日目に悪魔の洗礼を受ける。シャカ族を憎むコーサラ国に母を殺され、すさんだ心の悪人となる。悪魔の加護により致命傷でも死なず、切られた指はまた生えてくると... 関連ページ:アナンダ

登場作品

ブッダ

紀元前6世紀、ネパールの小族シャカ族の王子として生まれたシッタルダは、世界の王になると予言されながら、ひ弱で寝てばかりいる少年であった。死とは何かという疑問を抱き、飢えや戦いで死んでいく人たちを救うに... 関連ページ:ブッダ

SHARE
EC
Amazon
logo