アフマド・ル・ラフマーン

王家の紋章(漫画)の登場人物。

  • アフマド・ル・ラフマーン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
王家の紋章(漫画)
正式名称
アフマド・ル・ラフマーン
ふりがな
あふまどるらふまーん
レーベル
プリンセスコミックス(秋田書店) / 秋田文庫(秋田書店)

総合スレッド

アフマド・ル・ラフマーン(王家の紋章)の総合スレッド
2016.08.23 17:39

概要

現代のアラブの大富豪の息子。古代から現代に戻ってきたキャロル・リードを地中海の海底で発見し、保護した。神秘的なキャロルに惚れ込み、家族のもとへ返さないまま自分だけのものとしてしまおうと画策する。噂を聞きつけたライアン・リードに対しても、キャロルのことは知らないと嘘をつき欺いた。しかしのちにリード家にキャロルを戻し、ストレートに好意をアピールし始める。

その後キャロルが妊娠していることが判明した際には、自分がその相手であると名乗り出て、キャロルとの結婚を進めようとする。

登場作品

世界観物語は、アメリカの大富豪の娘であるキャロル・リードが考古学を学ぶために訪れた現代のエジプト及びその周辺と、不思議な力によって行き来することになる紀元前約1200年の古代エジプト王国を舞台に繰り広...