アベル・ナイトロード

トリニティ・ブラッド(漫画)の主人公。別称、アベル。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
トリニティ・ブラッド(漫画)
正式名称
アベル・ナイトロード
ふりがな
あべるないとろーど
別称
アベル

総合スレッド

アベル・ナイトロード(トリニティ・ブラッド)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

『トリニティ・ブラッド』の主人公で、教皇庁国務聖省特務分室所属の派遣執行官。普段はドジが多くうっかりした点もあるため、エステルから「ダメ神父」と呼ばれることもある。過去に謎が多く、「国連航空宇宙軍中佐」として、さまざまな遺失技術にアクセス可能。また体内にナノマシン・クルースニク02と呼ばれる謎のシステムを持ち、「吸血鬼の血を吸う吸血鬼」として血液の摂取がある程度必要となっている。

普段の戦闘ではクルースニク02を40パーセント起動するが、80パーセント起動も可能。その場合、外見も性格も大きく変化してしまうことから、エステルに化け物と怯えられてしまう。クルースニク03を宿すセスとは兄妹。

兄のカインをひどく憎んでいる。

登場作品

大厄災のあと、突如現れた吸血鬼。人類は、彼らと長い闘争を繰り返して来た。自由都市イシュトヴァーンの教会で育てられたエステルは、この街を支配する吸血鬼のバビロン伯ジェラを倒すための活動を続けていた。そこ...