アポカリプスウィルス

ギルティクラウン(テレビアニメ)の登場物質。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ギルティクラウン(テレビアニメ)
正式名称
アポカリプスウィルス
ふりがな
あぽかりぷすうぃるす

総合スレッド

アポカリプスウィルス(ギルティクラウン)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

2029年の日本にて新たに発見された未知のウイルス。感染メカニズム等の詳細は不明だが、発症者は体が徐々に金属質な「AP結晶」へと変異していく、「キャンサー化」と呼ばれる症状を引き起こす。

症状はその深刻度によって4つのステージに分けられており、定期的なワクチン接種により感染や発症の予防、初期ステージのものは回復も可能とされているため、日本国民はワクチン接種が義務付けられている。

しかし末期ステージまで行くと、最終的に体全体が結晶化し、砕け散る様に崩壊して命を落とすこととなる。2029年12月に六本木で起こったウイルスの感染爆発およびそれに伴う騒乱、「ロスト・クリスマス事件」を契機に日本は政府機能を失い、多国籍軍による暫定統治組織GHQの軍事占領下に置かれることとなった。

登場作品

2029年に起こったアポカリプスウイルスの感染爆発「ロスト・クリスマス事件」を契機に、日本がGHQの軍事占領下へと置かれるようになってから、早10年。平穏な日々を過ごしていた桜満集はある日、六本木にあ...