アミバ

アミバ

北斗の拳(漫画)の登場人物。

登場作品
北斗の拳(漫画)
正式名称
アミバ
ふりがな
あみば
関連商品
Amazon 楽天

概要

青年男性。南斗聖拳北斗神拳を使う拳法家。うぬぼれが強く、自らを天才と信じて疑わない。元は南斗聖拳の拳法家だったが、独学で北斗神拳を身につける。トキが病人を癒す奇跡の村で、トキの患者に勝手に施術したところ症状が悪化。これに怒ったトキに殴られたことを深く恨む。

トキラオウに捕らえられた後は、トキになりすまし、新たな秘孔を見つけ出すために非道な人体実験を繰り返していた。トキになりきってケンシロウを騙すためにわざわざトキと同じように背中に傷まで付けるという用意周到な人物。自らの才能を誇りに思うが、いざとなれば人質を盾に取るなど、その性格は醜くゆがんでいる。

関連人物・キャラクター

トキ

青年男性。北斗神拳を使う拳法家。暗殺拳・北斗神拳の元・伝承者候補で、ケンシロウの義兄で、ラオウの実の弟にあたる。ラオウやケンシロウと共に修行に励んでいたが、伝承者の選に漏れた。核戦争勃発時、ケンシロウ... 関連ページ:トキ

登場作品

北斗の拳

世界観舞台は弱肉強食の世紀末世界。199X年に核戦争が勃発し、その影響で国が滅び文明が失われた。生き残った人々は各地に「村」と呼ばれる集落を作り、肩を寄せ合って暮らしている。そんな弱者たちを虐げるのが... 関連ページ:北斗の拳

SHARE
EC
Amazon
logo