アラクモ

アラクモ

終わりと始まりのマイルス(漫画)の登場人物。ギカクとはライバル関係。

概要

『終わりと始まりのマイルス』に登場する神。炁物として浮上してきた、アメリカ空軍の試作機YF-23戦闘機から顕現した神。三眼の頭蓋骨状の頭部を持ち、身体の一部には機械のような部品も見え隠れする。悪意をまき散らすべく、民間フェリーを襲撃しようとするも、元が試作機であるため武装をしておらずギカクマイルスに阻止される。

後にギカクと戦うためソマソマに戦闘機と炁師の調達を依頼するが、星のマークが付いているから同じだろうと、ソビエト連邦製のレシプロ機ポリカルポフI-16が届けられる。マイルスの炁力を見込んでおり、キオノナの力を借りてギカクを倒し、彼女とパートナーになろうとしている。

関連人物・キャラクター

ギカク

『終わりと始まりのマイルス』に登場する神。顕現した破壊の神。炁物神。顔面は赤と橙の縞模様で覆われており、眼の位置に黒い丸が描かれているだけ。人と同じような口や鼻は付いていない。紋様はしばしば形が変わる... 関連ページ:ギカク

登場作品

終わりと始まりのマイルス

大地が浮遊する世界、オービス・ワーヌス。ここは、「小さな世界」の物が流れ着く場所だった。それらは時に負の力を秘めており、一部は神と呼ばれる人型の者を顕現させる。炁祷(きとう)師のマイルス・エランストン... 関連ページ:終わりと始まりのマイルス

SHARE
EC
Amazon
logo