アリオス・キルレイン

アリオス・キルレイン

修羅の門(漫画)の登場人物。別称、ブラックライトニング。陸奥九十九とはライバル関係。

登場作品
修羅の門(漫画)
正式名称
アリオス・キルレイン
別称
ブラックライトニング
関連商品
Amazon 楽天

概要

アメリカの黒人天才プロボクサー。少年期は貧しい境遇にいたが名トレーナーエザード・ロスに見出され、彼が育てた最後のボクサーとなる。ロスの死後、彼の夢を叶えるべく悪辣なプロモーターと組み、世界ヘヴィ級王座統一トーナメントに出場する。陸奥九十九が「恐い」と認めたボクサーの一人で、トーナメントの決勝戦で対戦する。

マイク・タイソンとシュガー・レイ・ロビンソンがモデルとされる。

関連人物・キャラクター

陸奥九十九

古武術・陸奥圓明流の40代目継承者。格闘家としては小柄な少年だが、スピード、パワーとも世界最高レベルで、格闘技は打撃・投げ技・関節技でそれぞれの専門家を上回る技量を見せる。普段は捉えどころのないとぼけ... 関連ページ:陸奥九十九

登場作品

修羅の門

古武術陸奥圓明流の継承者陸奥九十九は、陸奥圓明流の最強を証明し、かつ自分の代でそれを終わらせるため、実戦空手神武館に挑む。神武館の長・龍造寺徹心により異種格闘技戦のトーナメントが開催され、九十九は様々... 関連ページ:修羅の門

SHARE
EC
Amazon
logo