アリサ・クロサキ

イヴの眠り(漫画)の主人公。

  • アリサ・クロサキ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
イヴの眠り(漫画)
正式名称
アリサ・クロサキ

総合スレッド

アリサ・クロサキ(イヴの眠り)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

長い黒髪で、周囲の男性が息を呑むほどの美少女。初登場時は18歳。ハワイ島で育ち、地元では「マウナ・ティファナ(ティファナ山)龍(ドラゴン)の娘」と呼ばれている。ハワイアン・ネームはカフアイラナ・マリエ(「水のような静けさ」を意味する)。容姿端麗で落ち着いた性格、その上、男達と対等に渡り合う腕っ節を備えている。

父、ケン・クロサキ、母、ルー・メイ・クロサキ(旧名ルー・メイ・クァン)の元で育った。実の父は有末静だが、そのことは知らないでいた。有末静の能力を受け継ぎ、他人の動きを一度見ただけで完璧に模倣することができ、またテレパシーのように意識や感覚を共有することができる。月の女神(ヒナ)の祭りの夜、死鬼と出会ったことをきっかけに、実の父が有末静であることを知り、日本へ渡ることを決意する。

シン・スウ・リンや彼の息子である達と共に死鬼と闘うことになるが、残忍な殺人を繰り返す死鬼に敵意を燃やしながらも惹かれてしまう。

登場作品

ハワイ島に住むアリサ・クロサキは、周囲からも一目置かれる美少女。しかし彼女は時折不思議な力を見せるときがあり、それを畏れ忌み嫌う者もいた。父、ケン・クロサキはそんな彼女を溺愛していたが、実はアリサ・ク...