• プラネテス (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • アルキメデス・クレーター市

アルキメデス・クレーター市

アルキメデス・クレーター市

プラネテス(漫画)、月の「雨の海」に造られた月面都市(セレノポリス)。

登場作品
プラネテス(漫画)
正式名称
アルキメデス・クレーター市
関連商品
Amazon 楽天

概要

宇宙生理学研究所付属病院があり、宇宙で活動する人々の拠点となっている。月面にあるため市内の重力は地球の6分の1になっており、星野八郎太は車椅子よりも速いからと、軽くジャンプして移動していた。八郎太の病室には、人類で初めて小惑星帯を有人探査した一人、ハリー・ローランドが入院している他、様々な患者で賑わっている。月面車が走行できる道が整備されており、喫煙所も完備されている。

登場作品

プラネテス

宇宙には「スペースデブリ」と呼ばれるゴミが無数に漂っている。ゴミ回収船の船外作業員である星野八郎太は、大小様々なスペースデブリを拾い続ける毎日で、いつか自分の宇宙船を買うという目標のためだけに仕事をし... 関連ページ:プラネテス

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
プラネテス
logo