アルテローゼ

アルテローゼ

旧約Marchen(漫画)の作品登場人物。別称、オルドローズ。

登場作品
旧約Marchen(漫画)
正式名称
アルテローゼ
ふりがな
あるてろーぜ
別称
オルドローズ
関連商品
Amazon 楽天

概要

エピソード「薔薇の塔で眠る姫君」に登場する。野ばら姫の王が治める国に住んでいる13人目の賢女。黒いドレスを着て、赤い頭巾をかぶっている。生と死を別つ冥府の番人を務めており、生きている者を冥府に連れて行ってしまうという理由で、人々から忌避されている。野ばら姫が生まれた直後の祝宴に、黄金の皿が1枚足りなかった事を言い訳として、唯一招待されなかった。

それを傲慢だと怒り、野ばら姫に「余命十五年、紡錘(つむ)に刺されて床に倒れて死ぬ」という呪いをかけた。老婆に姿を変えて15年のあいだ野ばら姫の成長を観察し続け、万人から愛される野ばら姫に憎しみを募らせていた。野ばら姫が目覚めたあと国から追放されたが、置き土産として野ばら姫の下腹部に呪いを放った。

復讐された罪は「傲慢」。追放後、野ばら姫が森へ捨てた赤ん坊を「ラフレンツェ」と名付けて育て、生と死を別つ冥府の番人の役目を継承させている。また追放後は「オルドローズ」(アルテローゼの英語読み)と名乗っている。

登場作品

旧約Marchen

幻想楽団Sound Horizonの7thStoryCD『Märchen』の楽曲を、ソガシイナの解釈に沿ってコミカライズしたオムニバス作品。すべての作品が童話をモチーフとしており、記憶をなくしたメルが... 関連ページ:旧約Marchen

SHARE
EC
Amazon
logo