アルノー・アラス

アルノー・アラス

ジュリエットの恋人(漫画)の登場人物。

登場作品
ジュリエットの恋人(漫画)
正式名称
アルノー・アラス
ふりがな
あるのーあらす
関連商品
Amazon 楽天

概要

『ジュリエットの恋人』に登場するキャラクター。バレエダンサーの男性。ヴァロナ劇場サンドラと共に、エルヴェの代役として『ロミオとジュリエット』を踊ったことがある。サンドラに心惹かれていたが、エルヴェに「自分の恋人をとるな」と言われただけでなく、彼が死んでしまったこともあり、サンドラからのアプローチに答えられなかった。

モスクワに亡命・留学後、先月パリに戻ってきた。7月の公演で、A・プログラムでサンドラと共に、再度『ロミオとジュリエット』を行うことになった。互いにいがみ合うも、仕事として割り切って、レッスンをこなしていく。その中で、再度互いの気持ちを確かめあうが、アルノーはエルヴェとの約束のために、再度サンドラを振ってしまう。

傷心のサンドラが、ヴァロナ劇場の舞台で一人泣き崩れている時に、出火。サンドラは死を覚悟するが、アルノーが彼女を助け出した。その後、一時アルノーは行方をくらますが、半月後に戻り、サンドラへの想いが真実であることを告げる。

登場作品

ジュリエットの恋人

バレエダンサー・サンドラは、五年ぶりにアルノーと再会。以前、エルヴェの代役として現れた彼と、『ロミオとジュリエット』を踊ったヴァロナ劇場で、再度踊ることとなる。アルノーに恋していたが、死亡した弟・エル... 関連ページ:ジュリエットの恋人

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
サンドラ
エルヴェ
場所
ヴァロナ劇場
logo