アルファド

アルファド

シュトヘル(漫画)の登場人物。

登場作品
シュトヘル(漫画)
正式名称
アルファド
関連商品
Amazon 楽天

概要

浅黒い肌のアラブ系男性。ユルールらを南宋まで運ぶ仕事を請け負った商人。人が受けたがらぬ危険な仕事を負うことから「ひとり星」の異名を持つ。十字軍の遠征で故郷を滅ばされたことから、人を縛る「物差し」を嫌い、「物差し」を持たぬ純粋な殺意の塊であるシュトヘルに執着している。

関連人物・キャラクター

シュトヘル

赤髪の女戦士。元は西夏の兵士だったが、ハラバル率いるツォグ族に仲間を皆殺しにされ、復讐鬼へと変貌。シュトヘルは本名ではなく「悪霊」という意味の言葉。西夏軍にいたころは、「弱いのにピーピーうるさい」こと... 関連ページ:シュトヘル

ユルール

ツォグ族の少年で、ハラバルの弟。名は「祝福」という意味である。表向きはツォグ族族長の息子として育てられていたが、実はモンゴルに奪われた族長の妻玉花が大ハンに孕まされて生まれた子供である。そのため、渦を... 関連ページ:ユルール

登場作品

シュトヘル

13世紀初頭モンゴル。仲間をモンゴル軍の配下ツォグ族に皆殺しにされた女戦士シュトヘルは、仇である「虎の男」ハラバルを探しながらモンゴルの兵を殺して回っていた。ある日、彼女は西夏の文字をひとつ残らず消し... 関連ページ:シュトヘル

SHARE
EC
Amazon
logo