アレクサンドル・ランスコーイー

女帝エカテリーナ(漫画)の登場人物。別称、サーシャ。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
女帝エカテリーナ(漫画)
正式名称
アレクサンドル・ランスコーイー
ふりがな
あれくさんどるらんすこーいー
別称
サーシャ

総合スレッド

アレクサンドル・ランスコーイー(女帝エカテリーナ)の総合スレッド
2016.08.23 17:40

概要

エカテリーナ二世により、実子パーヴェル・ペトローヴィチと共に教育を施される。25歳の知的な美青年に成長してエカテリーナ二世と再会し、グリゴーリー・ポチョムキンが遠征に出ている間に、エカテリーナ二世の新たな恋人となる。歴史上の実在の人物、アレクサンドル・ランスコイがモデル。

登場作品

北ドイツの地方貴族の娘ゾフィー・フォン・アンハルト=ツェルプストは、己が支配する側の道を進むべき人間だという自負があった。凡庸な容姿を補うために、10歳から教養と知性を身につけるべく努力を重ねたゾフィ...