アレクセイ・ミハイロフ

オルフェウスの窓(漫画)の主人公。別称、クラウス・フリードリヒ・ゾンマーシュミット。

  • アレクセイ・ミハイロフ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
オルフェウスの窓(漫画)
正式名称
アレクセイ・ミハイロフ
別称
クラウス・フリードリヒ・ゾンマーシュミット

総合スレッド

アレクセイ・ミハイロフ(オルフェウスの窓)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

『オルフェウスの窓』の主人公のひとり。聖ゼバスチアン教会附属音楽学校バイオリン科の7年生。その正体は、ロシア貴族ミハイロフ家の次男アレクセイ・ミハイロフ。革命運動に参加した兄ドミートリィ・ミハイロフが処刑されてしまったため、兄の婚約者アルラウネ・フォン・エーゲノルフと共にロシア政府からの追求から逃れ、クラウス・フリードリヒ・ゾンマーシュミットという偽名を使いドイツに滞在していた。

バイオリニストとしての才能は高いが、本人は音楽学生であることは、再び革命家としてロシアに戻るまでの仮の姿に過ぎないと考えている。「オルフェウスの窓」に座ってロシアの空を見ているときに出会ったユリウス・レオンハルト・フォン・アーレンスマイヤに惹かれるが、それを振り切り、再びロシアへと帰還。

革命家の一人として、ロシア革命の渦の中へ身を投じていく。

登場人物・キャラクター

名門貴族アーレンスマイヤ家の跡継ぎ。しかしその正体は、愛人であった母レナーテ・フォン・アーレンスマイヤに財産相続のため男装させられ、男として育てられた少女だった。秘密を共有する母を守るため、豪胆な振る...

登場作品

20世紀初頭のドイツ。聖ゼバスチアン教会附属音楽学校にはある言い伝えがあった。それは学校の塔にある「オルフェウスの窓」と呼ばれる窓に立ち、地上を見下ろした時一番最初に目に入った女性と恋に落ちるが、その...