アレクセイ・ロマノフ

アレクセイ・ロマノフ

BLOOD+ A(漫画)の登場人物。

登場作品
BLOOD+ A(漫画)
正式名称
アレクセイ・ロマノフ
ふりがな
あれくせいろまのふ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ニコライ二世の子供で、ロマノフ王朝の正統な皇位継承者。生まれつきの難病に悩まされていた少年。第四皇女のアナスタシア・ロマノフと仲が良かった。アレクセイ・ロマノフを治療できるのはグレゴリー・ラスプーチンのみだったため、ニコライ二世と皇后アレクサンドラはラスプーチンに心酔し、国を傾けることになる。

アナスタシア・ロマノフに化けていたディーヴァに、三代目のシュヴァリエ(従者)として選ばれ、サヤと戦うことになる。モデルは同時代の実在人物、アレクセイ・ニコラエヴィチ・ロマノフ。

登場作品

BLOOD+ A

1916年、ロマノフ王朝時代のロシア。人に化けた吸血生物・翼手を倒すため、翼手に対抗する組織・「赤い盾」の一員サヤとハジはペテログラードを訪れる。徐々に王族周辺の人物たちと交流を重ねるサヤ。しかし彼女... 関連ページ:BLOOD+ A

SHARE
EC
Amazon
logo