アンダ・エンシ・エ・シュメール

青のメソポタミア(漫画)の登場人物。アダム・サクセス・エ・シュメールとは親族関係にある。

  • アンダ・エンシ・エ・シュメール
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
青のメソポタミア(漫画)
正式名称
アンダ・エンシ・エ・シュメール

総合スレッド

アンダ・エンシ・エ・シュメール(青のメソポタミア)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

アダム・サクセス・エ・シュメールの実母の弟で叔父にあたる。アダム・サクセス・エ・シュメールの出身一族シュメール家の筆頭格。アダム・サクセス・エ・シュメールが惑星で事故死したことを、皇太后達の陰謀であると確信し、私兵を増強して内乱を企てる。

登場人物・キャラクター

惑星エンリルの宇宙開発局に勤務する青年で少尉の位を持つ。王弟の息子で、伯父の星王にいとこのジウドとともに養子に迎えられ王子となる。誰からも次期星王と目されていたが、王位がジウドに継承された。派閥争いを...

関連キーワード

『青のメソポタミア』の舞台となる惑星。人口は約18億人で、高度な科学技術を持つ。他の文明を持つ惑星と交流があるが、アモリ人とは長期に渡って抗争が続いている。アッカド王朝が支配し、アダム・サクセス・エ・...

登場作品

陰謀によりエンリルの地位を継承できなかったシュメール家の王子アダム・サクセス・エ・シュメールは、新王ジウドとの軋轢を避け、青と呼ばれる惑星への調査団へ参加する。調査団のリーダーは、王族を毛嫌いするカイ...