アンドラゴラス3世

アルスラーン戦記(漫画)の登場人物。読みは「あんどらごらすさんせい」。アルスラーンとは親族関係にある。

  • アンドラゴラス3世
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アルスラーン戦記(漫画)
正式名称
アンドラゴラス3世
ふりがな
あんどらごらすさんせい

総合スレッド

アンドラゴラス3世(アルスラーン戦記)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

アルスラーンの父親で、パルス王国を統治する国王(シャーオ)。妻である王妃・タハミーネへの気遣いは見せるが、アルスラーンへの関心は薄く、突き放した態度をとることが多い。「負け戦知らずの不敗の王」として名高く、民衆の間では「13歳で獅子を倒した」と言い伝えられるほどの豪傑である。武力と剛腕に絶対的自信を持つ。強行的体制を固持し、奴隷(ゴラーム)制度を奨励して、国力を増大させてきた。

王国の暦であるパルス暦320年秋のアトロパテネ会戦で、敵対するルシタニア王国のパルス王国侵攻に対し、自ら軍を率いて出陣するが、パルス王国軍の万騎長(マルズバーン)・カーラーンの裏切りによって敗戦を喫し、退却を余儀なくされる。これによって、「臣下を見捨てて逃げた君主」との噂が流布され、求心力を失い、ルシタニア王国に捕縛される。

兄はパルス王国の先代国王(シャーオ)・オスロエス。兄の妻だったタハミーネに横恋慕し、兄を病死に見せかけて暗殺し、王位とタハミーネを手に入れた。

登場人物・キャラクター

パルス王国の国王(シャーオ)・アンドラゴラス3世と、王妃・タハミーネを両親にもつ、パルス王国の王太子。アンドラゴラス3世には気質も容姿も似ておらず、両親からの関心が非常に薄い。身分や敵味方を分け隔てな...

関連キーワード

大陸公路の中心に位置し、栄華を極める王国。先代の国王(シャーオ)・オスロエス亡き後は、アンドラゴラス3世が国王(シャーオ)として統治する。王妃はタハミーネ、王太子は主人公・アルスラーン。王都・エクバタ...

登場作品

あらすじパルス王国は、豊かな王都・エクバターナを中心に隆盛を誇っていた。パルス王国軍は、豪傑の国王(シャーオ)・アンドラゴラス3世の名の下に、大陸で不敗神話を築く。王太子・アルスラーンは穏やかで繊細な...