アンドロメダ星座の瞬

聖闘士星矢(漫画)の登場人物。読みは「あんどろめだのしゅん、あんどろめだしゅん」。別称、アンドロメダ瞬。城戸 光政、天馬星座の星矢、鳳凰星座の一輝とは親族関係にある。

  • アンドロメダ星座の瞬
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
聖闘士星矢(漫画)
正式名称
アンドロメダ星座の瞬
ふりがな
あんどろめだのしゅん、あんどろめだしゅん
別称
アンドロメダ瞬

総合スレッド

アンドロメダ星座の瞬(聖闘士星矢)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

ペガサス星矢と共に戦う仲間で、城戸光政を父とする異母兄弟でもある。また、フェニックス一輝とは母親も同じ兄弟。修行の地を選ぶ過程でフェニックス一輝と生き別れとなり、厳しい自然環境のアンドロメダ島にてケフェウス星座のダイダロスに師事して聖闘士となった後は、兄との再会を何よりも楽しみに日本へと帰国する。

しかし、その兄がとある事件を契機に暗黒聖闘士となっていたことに思い悩むこととなる。女性と見間違うほどの繊細な外観を特徴とし、性格も本来は戦いを好まない。その優しさゆえに敵を倒すことには躊躇する場面も多いが、一方では仲間を守るためには自己犠牲をも厭わない。冥王ハーデスとの戦いでは肉体を支配されるが、それも自分を犠牲にして冥王ハーデスを討とうという考えからであった。

潜在的な戦闘能力は非常に高く、必殺技は両腕に巻き付いている鎖を自在に操る星雲鎖(ネビュラチェーン)。防御の能力は88星座の聖闘士の中で一番とも言われている。

登場人物・キャラクター

グラード財団の先代総帥。ペガサス星矢たち、百人の聖闘士候補生全員の父親でもある。かつてギリシア旅行中に瀕死となった射手座のアイオロスから、当時まだ赤子だったアテナと射手座の聖衣を託され、アテナを孫娘の...
不屈の闘志を持つ少年。父はグラード財団総帥の城戸光政。ただし非嫡出子として産まれ、孤児として星の子学園で幼少期を過ごす。そして7歳より聖闘士発祥の地であるギリシアの聖域(サンクチュアリ)に送られ、鷲星...
ペガサス星矢とは城戸光政を父とする異母兄弟。また、アンドロメダ瞬とは母親も同じ兄弟。当初はペガサス星矢たちと敵対する暗黒聖闘士として登場するが、やがて共に戦う仲間となる。もともとは弟のことを思いやる兄...

登場作品

世界観ギリシャ神話をモチーフに、星座を象った聖衣(クロス)と呼ばれる鎧をまとった少年たちの戦いを描く物語。聖衣を再現したフィギュア玩具が記録的な売り上げを見せるなど、漫画のみにとどまらず、様々な媒体で...