アンリ=ブールボン

聖ロザリンド(漫画)の登場人物。ミケーネ・ハサウェイ、ダリアとは親族関係にある。

  • アンリ=ブールボン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
聖ロザリンド(漫画)
正式名称
アンリ=ブールボン

総合スレッド

アンリ=ブールボン(聖ロザリンド)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

ミケーネの兄でダリアの父親。パリの研究所に勤務。娘、妻の死後は、アテネに異動。ミケーネの様子を心配したアルフレッドの知らせを受け、ミケーネの最後に立ち会う。パティの形見のロケットペンダントを身につけており、「自分が死んだらロザリンドにあげる」と約束している。

屋根の上で日光浴中、ロザリンドが大量にぬったロウで滑り落ち、転落死。

登場人物・キャラクター

バーナード・ハサウェイの妻でロザリンドの母親。ロザリンドが8歳になったばかりの2月にハサウェイ家の屋敷に引っ越してくる。屋敷の周囲で次々に起こる不審な事件をとても心配している。ヤング刑事の殺害現場を目...
ロザリンドのいとこ。ウソつきで意地悪な9歳の女の子。ロザリンドたちが引っ越ししてきたとき、ハサウェイ家の屋敷に母パティと泊まりにきていた。「指輪を触らないで取れたら、あげる」とダイヤの指輪を自慢する。...

登場作品

母親とともに、故郷の英国からギリシアのロドス島に引っ越してきたロザリンドは8歳の女の子。ハサウェイ家の屋敷に住み、メイドや執事とともに、裕福な生活を送っていた。引っ越し直後から、ロザリンドの周囲の人間...