イト

サスケ(漫画)の登場人物。

  • イト
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サスケ(漫画)
正式名称
イト

総合スレッド

イト(サスケ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

赤間重太夫に影武者として仕える炭焼き八平次の幼い一人娘。地泣き剣法の使い手の父、そして母と共に渋木山中で暮らし、パクと名付けた白い鹿を密かに可愛がっていたが、赤間一族の保護を将軍家に願い出るための献上品としてパクが狙われてしまう。イトと知り合ったサスケはパクが死んだように見せかけるが、城主が赤間一族抹殺のため雇った忍者シコロによって赤間重太夫に化けた八平次は爆殺され、そのため赤間重太夫に味方したサスケが使った陽炎の術に驚いて領主は発狂してしまう。

その後、パクは大猿大助に殺されてしまうが、それはヨロケ病にかかった村人たちに、妙薬と称して食べさせるためだった。

やがて母親と旅だったイトは御禁制のキリシタンとわかって捕まり、母親共々火あぶりにされて亡くなっている。

登場人物・キャラクター

甲賀流忍者の父親大猿大助から猿飛の術を受け継ぎ、子供ながら微塵がくれや炎がくれなど様々な忍術を駆使する少年忍者。母親を公儀隠密に殺され、その思慕の念に強く囚われることになる。大猿大助と共に諸国を放浪し...

登場作品

江戸時代初期、猿飛の術を使う甲賀流忍者の子供として生まれたサスケは父の大猿大助と共に諸国を放浪。徳川家康に逆らう猿飛の忍者を狙う公儀隠密や柳生忍群に追われながら、虐げられる百姓やキリシタンの味方となっ...